施術後の注意点 | 人には相談しにくい男性器の整形について

施術後の注意点

男性器の整形手術をしてみたいと思って様々な情報収集をしている人もいると思います。実際、インターネットで「男性器」「手術」といったキーワードで検索をかけると数多くのサイトが出てきます。

それだけ男性器の整形の施術に関して需要があることを示しています。様々な施術に関する情報を見て行く中で、施術後の注意点についても知っておいたほうが良いといえるでしょう。そうしないとせっかく男性器の整形、手術をしてもその効果が半減してしまうからです。ここでお伝えする男性器の整形後の注意点をよく踏まえて整形をする場合は、それに臨みたいものです。施術後の男性器は腫れが残っている場合があります。

その状態は出血がしやすいことを意味しています。ですから施術後はもちろん、施術後、個人差がありますが、およそ1カ月は挿入を伴わなくても性行為をするのは控えたほうが良いです。万が一性行為中に出血をした場合、本人だけでなく、パートナーにも迷惑がかり、今後の性生活に悪影響を及ぼしかねません。これは自分だけでなく、パートナーにも伝える必要があります。そのときに同時に整形をしたことを告白するかどうかは本人の判断になるところですが、整形によって自分に自信を持つきっかけになるのであれば、堂々と告げることも一つの選択肢になりえます。

また、男性器を晒す場面として毎日のシャワーがありますが、これは施術後当日から可能です。ただ、男性器を洗う場合は、刺激を与えないように、出来る限り素手で洗うのが望ましいようです。

トップへ戻る