4つの亀頭増大の施術法について | 人には相談しにくい男性器の整形について

4つの亀頭増大の施術法について

男性器を整形する種類の中で亀頭増大の施術法があります。そもそも亀頭が小さいとはどのような状態を示すのでしょうか。

亀頭そのものが小さい場合もありますが、包茎の人の場合は皮が亀頭を覆ってしまうことで亀頭の成長を妨げられることが原因ということも挙げられます。亀頭が小さいと女性との性交で女性を満足させることができないのみならず、早漏の一因でもあります。陰茎が勃起して女性器、膣に挿入を試みるものの、その勃起が不完全でうまく挿入できず、挿入ができたと思ったら数秒で果ててしまうという経験をしたことのある男性もいると思います。

これは亀頭が小さく外部からの刺激に弱いためにおこる現象だと言われています。その場合はいわゆるEDの可能性もありますが、亀頭増大をすることで克服することも可能だと推測されます。亀頭増大の施術法は4つあります。亀頭の施術は20分前後で終了するという比較的簡易なものです。薬剤を亀頭に注入するのみですので、傷跡も残らないでしょう。ではどのような薬剤を注入するのかと言いますと、ヒアルロン酸、アクアミド、パフォームそしてレディエッセになります。

これらはそれぞれ一長一短ありますので、どれが自分の身体に合うのかは、人それぞれです。医者に自分の症状を正確に伝え、それに合致したものを選定するようにしたいものです。亀頭増大の手術は包茎手術とは異なり、術後10日くらいで性交ができるようになるので、気軽に利用できます。

美容整形外科 コムロ美容外科

コムロ院長おすすめの亀頭増大術

トップへ戻る