男性器の整形後に通院は不要! | 人には相談しにくい男性器の整形について

男性器の整形後に通院は不要!

男性器の整形についての情報をお伝えしています。男性器の整形に関する需要は、表には出ていませんが、潜在的には大きいものだと推測することができます。何故なら、我が国において男性の性器の大きさは他国と比べて小さいものとされているからです。

小さい原因が何かと考えますと、包茎が挙げられます。包茎を克服するためには男性器の整形が必要不可欠となってくるわけです。男性器の整形の施術に関して、ここでは整形後に通院をする必要があるのかどうかについて考えて行きたいと思います。結論からいえば、男性器の整形をした後に通院をする必要は、基本的にはありません。

基本的と言う表現を使用しましたが、もちろん例外があります。男性器の整形後、一般的には性器は腫れやすくなっています。また、少しの刺激で出血を伴うこともあります。ですから整形後の注意事項として、整形後、一定期間つまりおよそ1カ月間は性交をしないように言われます。また同時に性器を刺激する手段として性交以外に性器のマッサージ、もしくは自慰行為も当てはまりますが、こちらも性交同様に控えるように注意をする医者がほとんどです。

これらの注意事項を遵守していれば通院をすることなく、男性器の術後の経過は良好になっていくことがほとんどです。だだし、こちらは個人差がありますので、上記の注意事項を守っていたとしても出血をする場面があるかもしれません。そのときに限って再度かかりつけの病院で診てもらう程度で問題ないしょう。

トップへ戻る